こんなお悩みありませんか?

  • コブを滑っていて後傾になってしまう
  • コブから発射してしまう
  • 安定したコブの滑りができない
  • 足の引きは聞いたことがあるがどうすればよいかわからない
  • コブでバンクターンやニューラインを滑りたいができない

1つでもあてはまるものがあれば、このレッスンをおすすめします

レッスン内容・レベル

コブを滑っていて失敗することもあるが、ある程度連続して滑れる方を対象としています。

このレッスンではタイトルの通り足の引きを練習していきます!
では実際に足の引きはどんな時に使うの?ということですが、

足の引きはを使う主はターンの切り替えで行います。
しかし、慣れてくるとずっと引きっぱなしの感覚になります。

ところでなぜ引きのテクニックを使うのか?ということですが、
足を引くことでポジションを安定させたいからです。

スキーはターンの局面で自分とスキーの位置関係が変わります。
・ターン前半部は自分が谷側、スキーが山側にある位置関係
・ターン中盤は自分と板の関係は同じ
・ターン後半部は自分が山側、スキーが谷側にある位置関係

になります。
この関係性を適切に保つために足の引きは大切になります。

ターン後半部でスキーが谷側に行き過ぎるといわゆる後傾になります。
なので足を引き、後傾のポジションを防ぎます。

ターン後半部から切り替え時に足が引けないと、ターン前半部にスキーが十分に山側に行ってくれません。
なので、ターン前半部分が十分でなくすぐにターン中盤から後半部に移行してしまいます。

こうなると悪循環でポジションが乱れやすく安定した滑走が難しくなります。
特にコブは凹凸の関係で急斜面と緩斜面の連続で斜度変化が激しいです。
その変化に対応するためレッスンが今回のレッスンとなります。

 

開催日

2月13日、14日(白馬五竜) 

定員

コロナ対策のため人数を例年より削減しております。

そのためまでと致します。

お値段

2日間参加 ¥25,000

1日 ¥13,000

受付時間、場所、日程

白馬五竜エスカルプラザ2階スクールカウンター
受付時間:9時10分~9時30分

【日程】
9時半~レッスン開始
11時半程度まで滑り、昼食は個々の自由とさせていただきます。
昼食をご一緒されたい方はレッスン当日に伺います。

12時半ころ~午後のレッスン
14時半程度にレッスン終了予定

※レッスンの進捗により少し前後します。

レッスンのご予約

070-5631-7296 または、

こちらよりお問い合わせください。
メールはinfo@koburyotaro.comから届きます

題名にレッスン名「足の引きテクニックキャンプ」と入れてください

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

メッセージ本文

LINEからも予約ができます!

【無料動画レッスン】コブの滑り方がまるっと丸わかり「愛コブ」

上田諒太郎がお送りする公式メールマガジン「愛コブ」です。

ここではからだの使い方からスキー・コブを上達するうえで必要な考え方、知識に関して基礎から応用編まで7つの動画レッスンをメールにてお送りしていきます。
その他にも、番外編で愛コブ会員限定の動画レッスンやあなたに知ってほしい上達ポイントやレッスン情報などをお届けします。

おすすめの記事