コブをとにかくゆっくりでいいから滑りたい方へ

とにかくコブを降りられるようになりたい・・・

コブを苦手な方にとってはまずその1つのコブをどのように降りればいいのか・・・ここが最大の課題です。

闇雲にコブにいってもすぐに発射してしまうだけです。

コブをこれからなんとか滑りたい方にやってもらいたいのがこのスイッチバックを使って滑る方法です!まずは下の動画を見てください。

スイッチバック意外と難しい!?

動画いかがだったでしょうか?

人によると思いますがスイッチバックが簡単でしょ!と思う方もいれば、難しく思う方もいると思います。出来てしまっている人にとってはスイッチバックは正直簡単です。しかし、スキーの操作感覚が十分でない方や普段のターンをスピードに任せてなんとなくターンしている人にとってはとても難しいのです。

私がちゃんと見てもらいたいのは本当にこの動画の通りに動けているかです。

フラットでの動きでの板の動きよく見てください。レッスンで一番見かける失敗は板の方向を変えるときです。多くの方が違うことをやっているので注意です。それからスイッチバックしているとき前に行ったり後ろに行ったりしていると思いますが、この時の上体をみてください。多くの方は上体を被せています。

実は動画をみると何気なくやっているようでスイッチバックからたくさんのことが学べます!

コブをとにかく降りてきたい方はスイッチバックをやりまくれ!!

動画をもう一度みてみてください。

整地でやっている動きとコブを滑っている滑り方は全く一緒だと思います。

つまり整地でスイッチバックがスースーっとできるようになればとりあえずコブを降りるというゴールは近いです。整地でスイッチバックするときはできるだけコンパクトに回れるようになるまで練習しましよう。板の方向を変えるときはからだを開くようにすることでやりやすくなります。

整地ができたら、さあコブにチャレンジです!動画をよく見てください。どこを通っていっているかよく見てください。
どこで板の向きを変えていますか??
板の向きを変えたら、どこに向かってずらしながら降りてきていますか??

この2点に注意してよーく動画をみてください。

コブの条件が少し変わると滑れなく方はスイッチバックの質が不十分!?

スイッチバックを行うとき、何を練習しているかと言えば板の方向転換がキーポイントになる箇所です。

この方向転換は私が一番大切にしているピボット操作と同じ要素が含まれます。スイッチバックでターンしているときテール方向にバックしながらターンしています。実はこの感覚がすごく大事で、スイッチバックをでなく弧を描くようにターンをしていてもスイッチバックの感覚がない方のターンは切り替えからのスムーズさに欠けます。

結果、コブは滑れなくはないけど次のターンへの持っていきかたが上手でないために滑れないコブが出てくるのです!

コブの見方を高めてくれる

コブを見ると多くの人はコブの溝やバンクが気になって仕方がない・・・その気持ちはよーくわかります!!

スイッチバックはコブの裏側をしっかり把握できないと滑れません。いろんなコブの見方ができることでコブを滑る時にゆとりが出てきます。1パターンの見方しかできないとコブの条件が変わると全く滑れなくなります。

いろんな角度からコブをみることでコブの滑りはどんどん変わってきます。

まとめ

スイッチバックは地味に見えてかなり深い要素がたくさん隠されています。

リョウパンマンレッスンではコブをとにかくゆっくりでいいから滑り降りたい方にはもちろんですが、そうではなくコブはなんなく滑られる方でもスイッチバックの要素を足します。そうすることで出来なかった課題が急にわかるようになってくることがあります。

また屈伸抜重の導入練習なんかでもやることがあります。

ぜひ、ご自身の練習の中にも意図もって取り入れてみてください(^^♪

お読みいただきありがとうございました!!

おすすめの記事