コブ、小回りで重要な外向傾の正しいからだの使い方

リョウパンマンです。

今回はレッスンでやっていて、
一番最初にクリアしてほしい!!

でも9割の方がうまくできない部分・・・

“外向傾”

のからだの使い方を紹介していきます!

 

いつも私が言っていることですが、

スキーを履かずしてできないことは、
スキーを履いてはできません。

なので、動かせるようにしておきましょう(^^♪

 

今回紹介しているのは、
椅子に座ってやることなので、
誰でも気軽に簡単にできます。

外向傾のあるあるですが、
スキーと逆捻りにする!
からだを正面に向ける!

とかよく言います。

しかし、このような言葉がけで出来てしまう人は、
ベースとして今回紹介しているようなことができてしまっているからです。

この練習を雪上でやって失敗するのは、
お尻をプリっと出す、あるいはフリフリしてしまう方

または、からだが過度にくの字に折れてしまう方

などの方です。

よい外向傾きはコブ、小回りにおいて超重要課題です。

 

ぜひこの動画のからだの使い方を日常に取り入れてみてくださいね(^^♪

おすすめの記事